【一人暮らし】迷惑行為について弁護士へ相談。とにかく「証拠」が大切。

伝えたいこと
こなち
こなち

同じマンションに住む住人からの嫌がらせ行為。
警察を呼んでも、形だけの注意をしてくれるだけ。。。
ある程度の抑止力にはなるのかもしれないけれど、まだ不安だった私は、
弁護士、マンションの管理会社、マンションのオーナーさん、不動産会社などの色々な人に相談をしました。
今回は弁護士に相談した時の話です。

<スポンサーリンク>

↑前回までの記事はこちら

まずは、弁護士へ相談

警察で対応出来ない(検挙まではいかない)内容の問題は、

弁護士に相談し法的処置もしくは、示談する場合が多いとのこと。

今まで、弁護士さんにお世話になったことが無いので、どんな感じなのかわかりませんでしたがひとまず無料相談30分に行ってみました(私の住んでいる地域で弁護士を検索すると大体初回30分相談は無料、もしくは初回30分5000円くらい)。

被害に合った翌日。精神的・体力的にヘロヘロな状態でしたが、早く相談した方が良い気がしたので気合で予約の電話をしました(*_*;笑

(余談ですが、交通事故などの診断書は、事故から日数が経ってしまうと提出しても効力が無いそうです。なので事故を起こしてしまった場合、軽傷であってもすぐに病院へ行って診断書を書いてもらう→警察提出が必須)

そして予約日当日、弁護士事務所へ向かいました。

弁護士事務所に到着すると、まず部屋へ通され「事前確認書類に記入して下さい」と秘書の方から紙を渡された。

内容は、私の氏名・年齢・住所・勤務先などの個人情報と、相談したい内容

事前確認書類を記入していると、弁護士が登場。個人事務所だったのでホームページに掲載されている事務所の代表の人でした。

その弁護士が私に対して一番初めに聞いてきたこと。

「〇〇株式会社に勤めてるんだね。派遣?正社員?どっち?」

「・・・正社員ですが。(なにか?)」

なんで迷惑行為の相談に来ているのに雇用形態を聞かれるのか?

弁護士費用の支払い能力があるかどうかの確認なのかもしれませんが…「この弁護士あかんやつかも

女性が大手企業で働いている=派遣社員だろう=お金ないだろう

みたいな古臭い考え方な弁護士だったのかと思います。

(今時、派遣社員の正社員も沢山いるし、専門的業務の派遣社員の方って実はかなりのお給料ですよね。)

弁護士事務所到着早々、警察官を呼んだ時と同じようなモヤモヤとした気持ちに。。

その後も、「スポーツとかやってるの?体鍛えて対抗したらそれくらい自分で何とかできるかも」などなど相談したいことに対して、弁護士とは思えない回答をいただきました。

警察官、弁護士、どちらも仕事をしっかりとしてくれる人は居ると思うのですが、そうでない人も多く居るかと思います。

嫌がらせ行為を受けて、疲れているのに・・・

弁護士事務所に行って更に疲れてしまったwww( ;∀;)

そんな感じの弁護士でしたが、ちょっとでも有益なことを聞こうと色々質問をしました。

結論としては、

弁護士に動いてもらうと「手付金で10万円」、更にその後対応費用で10万円以上の費用が必要。

20万円以上の費用を支払って得られる成果は、「加害者に私の引っ越し費用を払ってもらう」or「加害者に退去してもらう」などのようです。

引っ越し費用を払ってもらったとしても、弁護士費用で20万円以上。。。

しかも、その成果を得られるかどうか100%の確証・保障は無し。

(加害者が支払いを拒否してくる可能性もある)

「それって微妙すぎる。。。」

ひとまず、ここの弁護士に頼むのは無しだなと確信しました。笑(正社員か、派遣社員か聞いてくる時点で無しですがねw)

人生初の弁護士事務所は、微妙な結果に。

元々、不倫や相続関係を主に対応されている人だったということ、高齢の男性だったので私の気持ちや感情(恐怖、不安)を理解してもらうのが難しかったのかも。

女性の弁護士や、ストーカー迷惑行為などに精通する弁護士に相談していれば、また違う結果になっていた気がします。

弁護士事務所で教えてもらったこと

今回、弁護士事務所で聞いたことです。

それは「証拠」が大切ということ。

とにかく、記録(映像、写真、文書)を取って下さいと言われました。

その弁護士曰く不倫関係の対応をするときも、はじめは証拠集めからだそう。

「証拠がないと何も始まらない」

動きに反応して動作するカメラなども最近は手ごろな価格で購入できるようなので、まずは設置して様子を見た方が良いとのこと。

それと、今回の迷惑行為についてですが、

賃貸契約の場合「迷惑行為を行った場合退去させられる」という内容が契約書に盛り込まれているので「オーナーや、管理会社へ相談してそちらからアプローチして様子を見てみたら?」とのアドバイスも貰いました。

「確かにそういう契約になっているのなら、オーナーさんや管理会社へ連絡してみた方が良いかも?」

私は、弁護士事務所を後にして、次はオーナーさんと管理会社へ連絡することにしました。

余談

今は、落ち着いていますが

警察や弁護士と対応している段階では、どうすればよいのか出口が見えず

しかも同じマンションには、迷惑行為をしてくる住人が居る。

もっと酷い犯罪行為でなかったことは不幸中の幸いでしたが、

常に気分が落ち込んでしまい、ぐったりしている状態でした。。。

ニュースで見るような犯罪行為を受けた人の心の傷は想像以上に深いのではないかと思います。

それでは長くなったので、今日はこのあたりで終わりたいと思います。

次回は、管理会社、オーナーさん、不動産会社とのやり取りの記録です。



OLランキング
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。ぽちっとしてもえるとかなり喜びます。

<スポンサーリンク>

コメント

タイトルとURLをコピーしました