【感想】バスクリン くつろぎの宿 ぬくもりごこち 入浴剤を推奨する理由

一人暮らし
こなち
こなち

ふるさと納税の返礼品で貰った入浴剤がそろそろ無くなりそう!
ということで、ドラックストアにて新しい入浴剤
「バスクリン くつろぎの宿 ぬくもりごこち」購入しました。

バスクリン くつろぎの宿 ぬくもりごこち

バスクリン くつろぎの宿 ぬくもりごこち
ドラックストアにて400円~500円くらいで購入可能(^^)/
30回分なのでコスパも良し!!

使用感、感想

容器についてですが、オレンジ色の外フタ以外は紙で作られていました!

内フタの一部注ぎ口を切り取って、外フタ(20g)に注ぎます。

結構細かい粉状の入浴剤でした。そして思っていた以上にオレンジ色です。

今回私が、このバスクリンを選んだ理由の一つは「にごり湯」であることです。
私は、元々は炭酸が出るタイプの入浴剤が好きなので、
にごり湯が良い!などのこだわりは特に無しでした。

しかし、昨年末に申し込みを行ったふるさと納税で頂いた入浴剤の「炭酸+にごり湯」の入浴剤にすっかりハマってしまいwww

そして、にごり湯の良さにも目覚めてしまいました(笑)

もともとの何も入れていないお湯

20gの入浴剤をドバっとな。

混ぜ混ぜすると、こんな感じでにごり湯になります。
パッケージには、「濃いめのこがねにごり」と記載されていましたが
そのとおりで少し入れただけなのに結構濃いめ、そして黄色みがかっています。

香りは、森林の香りと記載されていましたが森林と言うよりヒノキの香りに近い感じがしました。
とても癒される感じ(^^)/

お風呂上りもポカポカして、入浴剤による血行促進効果を感じられました。

価格もお手頃ですし、デイリー使いに良いです。
粉末状なのでちょっと濃いめに使いたいときなどは量も調節できるので便利!!

お肌のために入浴剤の使用をオススメする理由

一番風呂は「危険」、「肌に良くない」。

という迷信を聞いたことありませんか?これは迷信ではなくて本当の話。

「危険」の方は、一番風呂は熱いことが多いので
冬場などは温度差によって体に負担がかかるということがあります。
年齢が若ければそれに耐えられますので特に問題無いですが、
お年寄りにとっては、「危険」な場合もあるため2番風呂に入る方が良いようです。

もう一つの「肌に良くない」これも本当の話。
何故かというと一番風呂のお湯は、水道水を温めただけで綺麗すぎるから。

綺麗すぎるお湯に入るとどうなるのか?
不純物の入っていない綺麗なお湯に入ると、自分の体についた不純物(油など)は不純物の入っていない綺麗なお湯の方へ移動する性質がある。汚れを落としやすくなる半面お肌に本来必要な油分まで全てお湯の方へ移動してしまうのです。

乾燥肌の人は、綺麗なお湯に入ってしまうとお肌がカサカサになりやすくなる。

かといって、一人暮らしの場合、2番風呂に入ることが出来ませんよね(笑)

ですので、入浴剤を入れることでお湯に不純物を入れて、人工的にお湯を柔らかくすることをおすすめします。

それだけでお肌への負担がかなり軽減されますよ!

↑こちらは、和歌山県有田市のふるさと納税で頂いた「癒しの入浴剤ぽかぽかセット」の過去記事。



OLランキング
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました